軍事

オスプレイ橋下提案の検討を防衛省に指示 官房長官

 日本維新の会の橋下徹共同代表が、米軍輸送機オスプレイの訓練移転先として大阪・八尾空港を提案したことを受けて、菅義偉官房長官は6日午後の記者会見で、防衛省に対し「真剣に検討してほしい」と指示したことを明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「防衛省に対して沖縄の基地負担軽減を目指して真剣に検討してほしいと。アメリカ軍との間で、そこが訓練(場所)として可能かどうかも含めて検討してほしいということです」と述べ、大阪・八尾空港が訓練場所の候補地に成りうるのかについて前向きに検討するよう事務方を通じて防衛省に指示したと説明。

 

 さらに記者からオスプレイの訓練受け入れ先についての検討委員会を作る意思をたずねられたのに対し、「(オスプレイの沖縄県以外の国内の移転先については)日米当局間で検討しているので、それに提案のあった場所(大阪・八尾空港)も入れてほしいと、そういうことですよ」と答えた。

 あなたにオススメの記事