防災知識

仙台市 津波避難の目標を45分以内に設定

 仙台市は28日、「津波避難施設の整備に関する検討委員会」を開催。この会議で避難行動シミュレーションの数値から同市は“住民の退避は45分以内”という目標を決定した。

 目標を達成するにあたって同市は、津波避難所の拡充が必要と考えており、10か所の市有地に津波避難施設を設置する予定。来月の「住民説明会」で意見がまとまれば、年内から着工したいとのこと。

 あなたにオススメの記事