原子力

「志賀原発 活断層ない」北陸電報告は内容不十分

 北陸電力が昨日、原子力規制委員会に提出した「志賀原発(石川県)1号機直下のS-1破砕帯は耐震設計上考慮すべき活断層ではない」とした報告書について、原子力規制庁は7日の記者会見で、一部分報告が不十分であり、規制委としては「中間報告」と受け止めているとの考えを示した。

 

 同会見で、記者から北陸電力の報告書に対する感想を問われたのに対し規制庁は、「旧原子力安全・保安院の指示文書の中で指示のあった『周辺の断層の活動による敷地地盤への影響の検討』という部分の報告がないため、規制委としてはまだ中間報告と受け止めており、最終的な報告をいただいて考えるというのが基本スタンス」と述べ、同報告書の内容がまだ評価の段階に達していないとの考えを明らかにした。

 

 規制庁としては、基本的に「最終報告」を受けたのちに、志賀原発1号機の敷地内破砕帯の評価会合を開始する方針。

 あなたにオススメの記事