軍事

防衛相 オスプレイ橋下提案に慎重姿勢 官邸と温度差

 日本維新の会の橋下徹共同代表が、首相官邸を訪問して米軍輸送機オスプレイの飛行訓練受け入れ先として大阪府・八尾空港を提案したことについて、小野寺五典防衛相は7日午前の記者会見で、地元の反応、状況も少し見定める必要ではないかと慎重な姿勢を示した。

 

 橋下提案に関しては菅義偉官房長官が昨日、「日米当局間で、沖縄県以外の場所で飛行訓練を行なう可能性について検討しており、提案された大阪・八尾空港についても、訓練場所として使用可能かどうかについて検討する」と回答しているが、同会見で小野寺防衛相は、オスプレイの飛行訓練受け入れ先については、「米側が基本的に運用の中で検討されるということ」と述べ、米側の判断次第との認識を示した。

 

 また橋下提案については、受け入れ先の地元・八尾市などから反対の声も上がっているが、小野寺防衛相は、「地元で様々な声があるというのは、報道ベースで知っていますので、地元の反応、状況も少し見定めることも必要ではないかと思っています」と慎重な姿勢を示した。

 

 さらに安倍晋三首相からも検討を指示されたとの報道については、昨日は他の用件で首相官邸を訪れたが、安倍首相との会談の最後の方で、「今日、橋下大阪市長、そして松井大阪府知事も来られましたという報告があった」としたのみで、明確に指示された認識はないとのこと。

 

 菅官房長官が防衛省に検討を指示したと会見で述べたことについても、「事務レベルでの確認」との認識を示した上で、「いずれにしても非常に突然のお話しですし、おそらく官房長官自身も、八尾空港ということ自体の意味合いをすぐには判断しかねることなのだと思っている」と述べ、同提案に対する官邸との温度差を示唆した。

 あなたにオススメの記事