外交

「尖閣は核心的利益」習主席発言は誤報? 官房長官

 米中首脳会談で中国の習近平国家主席がオバマ米大統領に「尖閣諸島は核心的利益」と主張したとのメディアの報道について、菅義偉官房長官は12日午後の記者会見で、「中国側が核心的利益を直接結びつけて尖閣諸島について発言することはなかったと政府は承知している」との認識を明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「米国とは緊密な連携を取っています。そういう中で具体的なことについて申し上げるのは差し控えさせて頂きたい」とした上で、「中国側から尖閣諸島と核心的利益を直接結びつける発言はなかったと政府は承知している」と述べ、外交ルートを通じてアメリカ側から米中首脳会談の内容について説明があったことを示した。

 あなたにオススメの記事