環境

津波被害の海が復活 東大・大気海洋研究所が調査

   東日本大震災の津波で被害を受けた岩手県の海で、砂利が積もって浅くなった水深が元に戻ったり、姿を消していた生物が再び確認されるなど、海底環境が復活していることが、東大・大気海洋研究所の調査でわかった。


   同研究所の清家弘治助教を中心とした研究グループは、岩手県の大槌湾と船越湾のそれぞれ5地点で、震災から半年後(2011年9月)と18ヶ月後(2012年9月)に潜水調査を実施。偶然、調査を行っていた2010年9月の結果と比較し、海底環境や生物の変化を調べた。津波の前後で比較できるのは稀という。


   その結果、津波前は水深10メートルだった大槌湾内の海底は、2011年9月には砂利が積もって水深8メートルと浅くなったことが判明。しかし、2012年9月には砂利が消えて再び水深10メートルになり、津波で突発的にできた海底環境は長くは維持されず、津波前の状況にほぼ戻っていることがわかった。


   また、海底に住む生物の分布にも大きな変化がみられた。船越湾で津波前に多く生息していた「ハスノハカシパン」(ウニの仲間)が2011年9月以降は見られなくなるなど、津波で姿を消した生物がいる一方、「オカメブンブク」(同)は津波でいったん姿を消したが、2012年9月には船越湾で生息が確認された。ただ、大槌湾では復活していないという。


   調査結果をまとめた論文は、米オンライン科学誌「PLOS ONE」に掲載された。

 

 

 あなたにオススメの記事