食中毒

閲覧注意・ 生鮭を食べた36歳女性の胃からアニサキス 石川県

 石川県七尾市で、2日間にわたる激しい胸の痛みと嘔吐で病院に運ばれた女性の胃の中から、寄生虫のアニサキスの幼虫が見つかった。国際医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載された論文によると、この女性は鮭の刺身を食べていたという。

 

 七尾市の恵寿総合病院にこのほど、36歳の女性がみぞおちの激しい痛みと止まらぬ嘔吐などを訴えて搬送された。心電図や胸部レントゲン検査の結果は正常だったが、胸の痛みが起こった2日前に、女性が鮭の刺身を食べていたことが判明した。

 

 渕崎宇一郎副院長ら消化器内科のグループが、腹部のCT検査を行ったところ、胃壁がただれて肥大化しているのを発見。内視鏡検査の結果、食道と胃の接続部や胃壁の粘膜に寄生するたくさんのアニサキスの幼虫が確認された。

 

 医療チームは内視鏡鉗子を使ってアニサキスの幼虫を除去し、その様子を写した動画を医学誌に発表した。

 

 アニサキス症は、寿司や刺身を食べる日本人には馴染みのある寄生虫の一種で、幼虫が寄生したサバやアジ、イワシ、イカなどを生で食べるのが原因で感染する。予防には生食を避ける以外は、60℃以上に加熱したり、マイナス20℃で24時間冷凍処理するしかないが、国内では例年100件近い食中毒が報告されている。

 

「お詫びと訂正:当該記事掲載時に、「眼底にも寄生していた」とあるのは英文訳の間違いでした。お詫びして訂正いたします。

 あなたにオススメの記事