軍事

オスプレイ日米合意違反の夜間飛行「米側に問合せ中」

 沖縄の米軍普天間基地に配備されている新型輸送機オスプレイが、日米合意に反して午後10時以降に夜間飛行を行なったと指摘されている問題で、菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、防衛省でも事実を確認しており、米側に状況を問い合せていると説明した。

 

 これは、今週10日(月)、11日(火)、12日(水)の3日にわたって、オスプレイが午後10時以降に夜間飛行しているのがメディアのカメラも含め確認されている問題で、午後10時以降の夜間飛行は、オスプレイ配備にあたっての日米合意に違反している。

 

 小野寺防衛相も14日の記者会見で、「わが省の職員も確認している」と述べ、防衛省でも夜間飛行の事実を認識していることを明らかにしている。

 

 菅官房長官は会見で、「(米側からの)返答についてはまだ聞いていないが、オスプレイの運用に際しては、地元のみなさんの生活への最大の配慮が大前提。日米間の合意が適切に実施されるように必要な協議を行なっていく」と述べた。

 あなたにオススメの記事