外交

安倍首相外遊先でFB合戦! 民主細野氏を「ウソつき」

 安倍晋三首相が自身のフェイスブックで田中均元外務審議官について「彼に外交を語る資格はない」と書き込んだことに対し、民主党の細野豪志幹事長は「個人攻撃」と批判したが、安倍首相は外遊先のポーランドからフェイスブックで今度は細野幹事長に反撃。

 

 「的外れな批判。だからダメなんです」などと書込みで応酬した。すでに論戦はフェイスブック合戦の様相を呈している。

 

 安倍首相は、細野幹事長の「一個人を批判すべきではない」などとした批判について、「的外れな批判。よくあるパターンの攻撃」などと述べ、田中氏が外務省のアジア大洋州局長として関わった「国民の声明と主権に関わる判断」と「公務員として記録を残す義務」についての批判であって、「一個人に対する攻撃」との批判は当たらないなどとしている。

 

 さらに、「私の厳しく的確な(笑)反論を封じようとの意図でしょう」とユーモアもやや交えつつも自画自賛。

 

 そして細野幹事長が、そもそもの田中氏の判断と行動の是非について全く言及していないことを指摘し、「…だからダメなんです」と一刀両断。

 

 その上、細野幹事長が以前NHKで「自民党には戦争をやりたがっている人がいる」と発言したので、それが具体的に誰かを街頭で問いただしたが、いまだに回答がないなどと指摘。

 

 「頬被りですか?民主党は息を吐く様に嘘をつくとの批評が聞こえて来そうです」と、かなりヒートアップしている様子。

 あなたにオススメの記事