テクノロジー

ASIMOの技術が原発で活躍 ホンダが調査用ロボット共同開発

   ホンダと産業技術総合研究所は、人型ロボット「ASIMO(アシモ)」の技術を応用し、福島第一原発の原子炉建屋内を遠隔操作で調査できる「高所調査用ロボット」を共同開発した。18日から実際に作業を始める予定という。


   開発したロボットは全長1.8メートル、幅0.8メートル、重さ1100キロ。高さ7メートルまで調査でき、最大時速2キロでの走行も可能という。ホンダが先端にズームカメラや線量計を備えたアームロボット、同研究所が作業台車と遠隔操作技術を担当した。


   ロボットには、アシモの技術を応用。多関節を同時に動かしたり、周囲のものにぶつかった際の衝撃を吸収することができ、高い放射線量や障害物に阻まれて人が入れない建屋内部の調査に役立つと期待されている。


   ホンダは今後、「今回の調査用アームロボットに続き、防災や減災など災害への対応を目的としたヒューマノイドロボットの開発を加速させていきたい」としている。

 あなたにオススメの記事