リコール
Loading

カレー香辛料のクミン 中国から輸入した乾燥タネから殺虫剤検出 1トン

 東京と大阪の食品貿易会社が、中国から輸入した香辛料のクミンから、基準値を超える残留農薬が検出されたとして、厚生労働省の検疫所が合計1023キロを差し押さえ、検査命令を出した。

 

 クミンはインド原産の香辛料で、カレーなどのエスニック料理で使われる。

 

 厚労省によると、東京・墨田区の杜食品工業と、大阪・堺市の生友商事が先月中国から輸入した乾燥クミンの種子の一部を検疫所でモニタリング検査した結果、健康上、問題がないとされる基準値の1.6〜2.6倍の量のプロフェノホスが検出された。

 

 プロフェノホスは、有機リン系農薬や殺虫剤として使われるもので、東京検疫所と大阪検疫所では、合計1023キロのクミンを差し押さえ、輸入業者に対して全量検査するよう命じた。

 

 厚労省によると中国産香辛料の輸入は近年増加しており、そのうちクミンの輸入量は、昨年は約1600キロほどだったが、今年はすでに2500キロを超えていて、この2年間で3件の違反が発覚している。

あなたにオススメの記事