軍事

米大統領 戦略核の米ロ相互削減提案発表へ

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は18日、オバマ大統領が19日に行なうベルリンでの演説で、米ロ双方が戦略核弾頭を約1000発に削減する削減計画を明らかにすると報じた。

 

 同紙によると、新たな削減案はロシアとの新戦略兵器削減交渉(新START)により1550発まで削減することになっている戦略核を、現在の3分の1にあたる約1000発まで減らす内容。

 

 核兵器の削減については、英国・北アイルランドでの米ロ首脳会談でも、オバマ大統領がプーチン大統領に対し、「(米ロは核保有2大国として)核安全保障と核不拡散の問題について、新STARTで行なったことを基礎にさらなる緊張緩和を試みる特別な責任がある」と戦略核の相互削減を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事