FUKUSHIMA

高市政調会長「厳重注意で続投」安倍首相指示

 「福島第一原発事故によって死亡者は出ていない」という発言が波紋を呼び、発言撤回と陳謝をした自民党の高市政調会長の処分について、菅義偉官房長官は19日午後の記者会見で、「今後発言には注意するよう。政調会長としての職務はこれからもしっかり務めてほしい」との安倍首相からの指示を本人に伝えたことを明らかにした。高市氏は自身の進退について、「安倍首相に任せる」としていた。

 

 同会見で菅官房長官は、高市発言について、事実関係も含めて安倍首相に電話で話したところ、「政調会長本人も発言を撤回して陳謝した。今後発言には注意するよう。政調会長としての職務は、これからもしっかり努めてほしい」との指示を受け、それを本人にも伝えたと説明。

 

 また高市氏の発言撤回については官房長官からの指示かとの質問に対しては、「私から言ったということじゃないと思いますけれど、誤解を招いていることは事実ですから、そこについては、やはりしっかりと対応すべきであると、そういう話はさせていただきました」と述べ、早期の事態収拾を促したことを明らかにしている。

 あなたにオススメの記事