テクノロジー

宮城県東松島市 居住困難地域に太陽光発電機設置

 宮城県東松島市は4日、三井物産と提携して同市に太陽光発電機を設置すると発表した。

 太陽光発電機は、浸水により居住が困難となった野蒜(のびる)地区の沿岸部(4.7ha)に建設される予定。設置容量3581kWの規模のモジュールで、実際に発電される電力は年間で210万kWh。およそ600世帯の電気をまかなえる性能。今年中に着工し、来年10月の完成を目指している。
 なお、この施策に併せて、防災施設の駐車場に発電機を設置する計画も進行しているという。

 市の職員は「発電された電気は東北電力に売却されるが、緊急時には住民の利用を可能にする」と話している。

 あなたにオススメの記事