感染症
Loading

RSウイルス 過去10年で最多ペースの大流行「春先まで続くおそれ」

 乳幼児が感染すると肺炎などを引き起こす「RSウイルス感染症」の患者数は、今月9日までの1週間で7200人を超えて、過去10年間の同時期と比較して最多ペースで流行していると国立感染症研究所が発表した。

 

 RSウイルスは、生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼ全員が感染する急性の呼吸器感染症で、発熱や鼻水など風邪に似た症状が一般的だが、新生児や生後半年以内の乳児、免疫機能が未発達だったり、先天性疾患がある幼児は重症化して肺炎や気管支炎を引きおこす場合もある。

 


 国立感染症研究所によると、10月3日〜9日までの1週間に、全国約3000の小児医療機関から報告された患者数は、前週から1800人余り増えて7273人に達した。これは、過去10年の同時期と比較して最多となっている。



 RSウイルス感染症は、例年、インフルエンザに先行して夏ごろから始まり、秋に入ると急増し、年末に流行のピークを迎えるが、過去10年間の比較で見ると、2014年12月の8180人に迫る勢いだ。

 

 都道府県別に見ると、東京都が最多の723人、次いで大阪府の559人、埼玉県445人、神奈川県382人愛知県309人と大都市を中心に流行が拡大している。

 


 国立感染症研究所では「患者数は例年、年末をピークに減少するが、春まで流行が続くことが多いため、動向を注視する必要がある。乳幼児や喘息などの持病を持つ高齢者がいる家庭では、マスクや手洗いなどの予防を徹底してほしい」と注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事