火山

西之島 噴火後初の地図と海図の作成へ 領海70平方キロ拡大の見通し

 2013年11月の噴火以来、溶岩流の噴出で面積を拡大した小笠原諸島の西之島の新たな地図作りが始まる。国土地理院と海上保安庁が19日に同時に発表した。

 

 海保が今年9月に上空から観測した時点での西之島は、東西、南北の長さがいずれも約1900メートルで、面積は噴火前の12倍近い約2.68平方キロメートルになった。

 

 今月22日から来月10日にかけて、国土地理院は海保の測量船で職員2名を現地に派遣。基準点となる三角点を複数設置し、GPS衛星で緯度と経度を測量しながら、上空から航空機で撮影し、地図の更新を行う。

 

 また島の面積の拡大に伴い、周辺海域を航行する船舶のための海図が必要になったことから、海保はこの間、水深や海岸線についても調査を行う。

 

 海図作りには通常半年ほどかかるのが一般的で、新しい海図では、領海が東京・新宿区の4倍に近い約70平方キロメートル、排他的経済水域(EEZ)は約50平方キロメートル拡大する見通しだという。

あなたにオススメの記事