政治

「都議選は政治が大きく変わる過渡期」官房長官

 菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、都議会議員選挙の結果について「政治が大きく変わろうとしている過渡期」との認識を示した。

 

 同会見で菅官房長官は「自民・公明・共産という並びをみると違和感がある。何か政治のフェーズが変わったとの認識はあるか?」との記者からの質問に対し、「私も同じような認識をしている」と述べた上で、「このことによって政治が大きく変わろうとしている過渡期なんだろうと思う」と述べた。

 

 さらに、「決められない政治より決めることのできる政治、この揚げ足取りの国会運営から、しっかり国民へ説明責任をはっきりすることができる政治とか、そういうものに流れが変わるんじゃないかと思う」とも述べ、政治変革への期待感を示した。

 

 また都議選で自民・公明両党の擁立候補が全員当選したことについては、「これ以上ない結果。参院選の前哨戦と位置づけていた中で安倍政権に対する都民のありがたい評価をいただいた」などと述べ、特にアベノミクスが評価されており、今回の結果がそのまま参議院選挙に反映されるとの見通しを示している。

 あなたにオススメの記事