製品・サービス
Loading

洗濯記号 22種類から41種類へ増えた 混乱必至!

 きょう12月1日から、衣類などの繊維製品に付く洗濯表示の記号が変わる。欧米では、洗濯物を外干しする習慣がないため、国際規格では自然乾燥を表す記号がなかったが、日本からの提案で国際規格に対応したマークに刷新されることとなった。

 

 新しい洗濯表示では、ドラム式洗濯乾燥機による「タンブル乾燥」や、色柄ものの漂白に適した「酸素系漂白剤」などの記号が追加されたり、適切な温度が従来よりも細かく設定されるなど、記号の種類が22種類から倍近くの41種類に増えることになる。

 

 具体的には、①家庭洗濯②漂白③乾燥④アイロン⑤クリーニングの5つの基本記号と、それぞれの強さを「横棒(➖)」の数や、温度を示す数字と組み合わせて表現するようになる。

 

 自然乾燥の方法については、これまではTシャツの図に斜線を組み合わせて示していたが、今後は、四角い枠(□)に、棒を組み合わせた表記に変更される。脱水せずに濡れたまま干す「ぬれ干し」についても、日陰や平干しなど4種類の記号が加わった。

 

 また、洗乾一体型洗濯機やドラム式乾燥機などの「タンブル乾燥」の記号も加わり、乾燥温度については「点(・)」の数で示されるようになった。

 

 ドライクリーニングについては、これまでは文字で表記していたところを、パークロロエチレンなどの有機溶剤については「P」、石油系溶剤は「F」、専門業者が特殊な技術を使う「ウェットクリーニング」については「W」で表記されるようになる。

 

 消費者庁は、今回の改正によって、衣類の取り扱いがよりきめ細かくわかるようになり、衣類の縮みや色落ちなどのトラブルが減少されると期待しているが、しばらくの間は混乱が生じることは避けられそうもない。できれば買うときから洗濯マークに気をつけて、不明点があれば販売員に確認したり、消費者庁のサイトから「新しい洗濯表示」の早見表をダウンロードし、目につく場所に貼っておいてほしい。

 あなたにオススメの記事