環境

オバマ大統領 米は気候変動と戦う世界のリーダー

 米国のオバマ大統領は25日、首都ワシントンのジョージタウン大学で演説し、クリーンエネルギーへの転換を進め、CO2排出量を削減することによる温暖化対策のアクションプランを発表した。

 

 同演説で、オバマ大統領は、「低炭素なクリーンエネルギーによる経済は今後数十年にわたって成長していくエンジン」などと述べ、「クリーンエネルギーへの転換と、雇用・産業の創出は両立できる」との考え方を強調した。

 

 同アクションプランでは、CO2排出が気候変動の最大要因と位置づけ、火力発電所におけるCO2排出量の規制、クリーンエネルギーの促進、業務用車両を中心に燃料基準の見直しなどを含めた「次世代輸送セクターの構築」、家電製品などの製品基準見直しを含めた家庭、企業などでの電力消費削減などの政策の柱があげられている。

 

 さらにオバマ大統領は、「米国は地球規模の気候変動と戦い続ける世界のリーダー」と述べ、こうした温暖化抑制への取り組みを世界各国へも働きかけていくことを強調した。

 あなたにオススメの記事