震災復興

東京オリンピックに併せて「被災地支援宝くじ」を計画 東京都

 東京都は6日、2020年夏期に東京オリンプックを開催できた場合は、東日本大震災の被災地支援を目的とした「オリンピック宝くじ」を発売する方針をまとめた。  


 この宝くじは16年から4年間で計100億円の収益を見込んでおり、収益は岩手、宮城、福島に分配される。

 またオリンピックでは三陸海岸や福島沿岸部を通る聖火リレーや、震災が発生した11年生まれの子供たちが感謝の意を伝えるオープニングセレモニーなども計画されている。

 あなたにオススメの記事