津波
Loading

東松島の津波3メートル超 仙台港を上回る 東北大が実態把握

 今月22日に福島県沖で発生した巨大地震に伴う津波について、東北大学の調査チームが、実態調査を行った結果、宮城県の松島湾大浜漁港では、4メートル近い津波が到達していたことが明らかになった。

 

 今月22日に福島県沖で発生したマグニチュード(M)7.4の地震で気象庁は、仙台港で高さ1メートル40センチの津波を観測するなど、各地で津波による被害があった。

 

 東北大学災害科学国際研究所のサッパシー・アナワット准教授らの調査チームは26日、松島湾の中で最も東端に位置する宮戸島の東松島市周辺で実態調査を行った。

 

 その結果、宮戸島南部の大浜漁港では多数の漁具やドラム缶が港の奥まで漂着し、浸水していたことがわかった。 津波が斜面を駆け上がった痕跡の高さを測量し、当時の潮位から推計したところ、津波の高さは3メートル80センチまで到達していた可能性が高いという。

 

 さらに、宮戸島と寒風沢島にはさまれた鰐ケ淵水道の沿岸に残る浸水の痕跡から、津波の高さは、仙台港を上回る1メートル90センチに達していたことも判明した。周辺の工事現場では発電機などが水に浸かる被害が多数報告されているという。


 

 調査したサッパシー准教授は「津波被害の実態を把握することで、漁業被害の軽減に貢献したい」と話している。

 

 東北大では、東日本大震災をはじめとする津波の実態被害を集めた3万件の痕跡データを特設サイトで公開している。

 あなたにオススメの記事