防犯
Loading

多摩地区の32歳小学校教師 教え子に抱きつき触って懲戒免職

 多摩地区の小学校の32歳の男性教師が、今年8月、教え子の女子児童に抱きついたり、下着の上から触るなどのわいせつ行為を行っていたとして、東京都教育委員会は29日までに懲戒免職にした。

 

 都教委によると、多摩地区の小学校に勤務する32歳の男性教師が今年8月24日、教え子の児童を無人の教室に連れ込み、背後から抱きついたり、胸を触ったり、下着の上から下半身を触りながら、頬にキスするなどした。

 

 被害にあった女子児童の父親が学校に連絡して事実が発覚した。都教委は「公表することで、被害にあった児童が特定されるおそれがある」として、教師の氏名や学校名を公表していないが、28日付で懲戒免職処分にした。

 

 また、同じ多摩地区の中学校では、34歳の時間講師の男が、4月9日〜5月27日までの間、18歳未満の女性と知りながら、自宅で密かに女性のわいせつな姿態をデジタルカメラで撮影した画像を記録。

 

 児童買春・児童ポルノ禁止法の違反行為で起訴されたことから、都教委は29日付でこの男性講師を免職とした。

 あなたにオススメの記事