気象
Loading

真冬並みの寒気 冬型の気圧配置強まる 北日本や北陸で大荒れ

 寒冷前線の影響で北日本と東日本では、今夜からあすにかけて冬型の気圧配置が強まり、北海道や東北、北陸では雪を伴う非常に強い風が吹くおそれがあるとして、気象庁が警戒を呼びかけている。

 

 気象庁によると、ロシア極東の低気圧からのびる寒冷前線の影響で、1日夜からあすにかけて、北日本の上空に真冬並みの強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。

 

 このため、北日本の日本海側や北陸地方では、大気の状態が非常に不安定となって、1日夜から断続的に雪が降り、あす2日には暴風雪が吹いて、海は大しけになるおそれがある。

 

 2日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道の陸上で20メートル(35メートル)、東北地方の陸上で18メートル(30メートル)、北陸地方の陸上で20メートル(35メートル)、気象庁は、大雪による交通障害や雪崩に注意するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事