気象
Loading

北海道から北陸にかけて日本海側に暴風雪警報 大雪のおそれ

 北日本を中心に強い冬型の気圧配置となっているため、2日は夜にかけて暴風や猛吹雪になるおそれがあるとして、気象庁は暴風雪警報を出して警戒を呼びかけている。

 

 急速に発達した低気圧がオホーツク海に進んでいて、日本付近は強い冬型の気圧配置になっている。5500メートル上空には氷点下36度以下の真冬並みの寒気が流れ込む見込みで、北海道から東北、北陸地方の日本海側では大荒れの天気になっている。

 

 2日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道の陸上で20メートル(35メートル)、東北地方の陸上18メートル(30メートル)。北海道、東北、北陸地方で予想される波の高さは6メートル。

 

 北日本では日本海側を中心に2日夜にかけて大雪が降るおそれがあり、あす朝までの24時間に北海道では40センチの降雪量が見込まれることから、気象庁が警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事