地震
Loading

南海トラフ沖の震源域「72年ぶりにM6発生していた!」4月

 今年4月1日に三重県南東沖で発生したマグニチュード(M)6の地震について、京都大学防災研究所の学生や海洋研究開発機構などの共同研究グループは、南海トラフ地震の想定震源域で72年ぶりに発生した「プレート境界地震」だった事実を突き止めた。

 

 四国の南から駿河湾にかけての海底にある南海トラフ沿いでは、M8クラスの巨大地震が100〜150年間のスパンで起きている。直近では1944年の東南海地震に続いて、1946年の南海地震が発生しており、いずれのケースでも1000人以上が亡くなっている。

 

 南海地震から70年が過ぎようとしている現在、政府の地震調査研究推進本部は、今後30年以内にM8〜9クラスの地震が発生する確率を60〜70%と推定しており、現在は次の地震までの前段階とみて、観測体制を強化している。

 

 そうしたなか、4月1日午前11時39分、紀伊半島から50キロ南東沖の海底下約10キロでM6の地震が発生した。京大防災研究所地震予知研究センターの木下千裕さん(博士課程3年)や海洋研究開発機構(JAMSTEC)などの共同グループは、海底に掘削した穴の中に設置した観測装置のデータをもとに、地震が発生したプロセスを解析。

 

 その結果、フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込んでいる境界周辺に、地震活動が集中していることを突き止めた。さらに水圧計のデータから、震源周辺の海底で地盤が1.7センチ沈み、沖合では数ミリ隆起していたことと、地震発生直後に2センチ程度の小さな津波が起きていたことを明らかにした。

 

 研究グループは、地震によってプレート境界面がゆっくり滑っていた可能性を指摘し、1944年の東南海地震後からプレートのひずみがたまり続けているおそれがあるとして、引き続き観測体制を強化し、将来の予測研究に役立てていきたいと話している。

 あなたにオススメの記事