IT
Loading

資生堂イプサの通販サイトに不正アクセス カード情報など最大42万件が流出

 化粧品大手・資生堂は2日、子会社のイプサのオンラインショップが不正アクセスを受け、商品を購入した客のクレジットカード情報を含む個人情報が最大で42万件流出した可能性があると発表した。

 

 資生堂によると先月4日、クレジットカードの決済代行会社から指摘を受けて、第三者機関で調査した結果、イプサが運営する通販サイトのサーバーに不正アクセスがあったことが判明。

  

 2011年12月14日〜今年11月4日までにクレジットカード決済をした客5万6121人分のカード会員名や番号、住所などが流出した可能性が高いという。

 

 さらに、このサイトに会員登録している42万1313人分の名前や住所、電話、メールアドレスなどの個人情報も流出したおそれがあることが判明した。

 

 資生堂は2日、会員に電子メールを送るとともに、流出したおそれがあるクレジットカード番号については、カード会社に連絡し、不正取引が行われないよう監視を依頼した。また、カードを再発行する場合は、手数料を負担するとしている。

 

【この件に関する問い合わせ先】

イプサ公式オンラインショップ専用相談窓口(フリーダイヤル:0120-62-9020)

 あなたにオススメの記事