環境

福島事故の放射性ヨウ素北西に高濃度で分布

 日本原子力研究開発機構(JAEA)が米エネルギー省(DOE)と共同開発した新たな航空機モニタリングの解析手法により、福島第一原発事故直後に地表に拡散した放射性ヨウ素131の濃度分布マップが初めて作られ、ヨウ素131についても放射性セシウムと同様に、北西方向に高い濃度で拡散したことが分かった。

 

 このマップは、米エネルギー省が事故発生直後の2011年3月17日から4月5日の間に実施した航空機モニタリングの測定結果についてスペクトル解析行なうことにより作られたもので、半減期の短いヨウ素131(半減期8日)の「面的な分布」が明らかになったのは今回が初めて。

 

 このマップによれば、ヨウ素131もセシウム134などと同様に福島第一原発の北西方向に高濃度で分布しており、また発電所付近では南側にも広がっていることが分かる。

 あなたにオススメの記事