トピック

寝台特急「北斗星」がホテルになって帰ってきた!

 東京・上野と札幌間を結び、昨年惜しまれながら運行廃止となった寝台列車「北斗星」のベッドや照明などの設備を再利用したホテルが誕生した。

 

 JR東日本の全面協力の下、「北斗星」で旅しているような気分を味わえるホテルは、12月15日にJR馬喰町駅に直結できるビルに蘇った「Train Hostel 北斗星」。

 

 二段ベッドや個室寝台で使われていた家具を利用して、北斗星の空間を忠実に再現。本物の寝台列車のようにカーテンで仕切られた客室には、向かい合わせの二段ベッドが並び、窮屈な思いをしながらも、一晩を過ごした旅の記憶が追体験できる。

 

 ラウンジやシャワー、洗濯室もあり、宿泊人数は78床。季節などで変動はあるが、宿泊料金は1泊2500円〜。

あなたにオススメの記事