地震
Loading

茨城県北部の震度6「東日本大震災の余震」原発に異常なし

 茨城県北部で28日夜に発生した最大震度6弱の地震で、東海村の原子力発電所や東京電力福島第一と第二の原発に異常はなかった。気象庁は今回の地震を「2011年の東日本大震災の余震」だと発表した。

 

 気象庁によると、28日午後9時38分ごろに、茨城県北部を震源とするマグニチュード(M)6.3の地震が発生した。震源の深さは11キロ(暫定値)。

 

 この地震の影響で、茨城県高萩市で最大震度6弱、同県日立市で震度5強を観測したほか、関東地方を中心に、東北地方から中部地方にかけて震度5弱から1の揺れが発生した。

 

 政府は地震発生直後に官邸危機管理センターに対策室を設置し、関係省庁の局長級を集めて、被害情報の把握を指示。ハワイを訪問中の安部晋三首相からは、被災自治体と緊密に連携し、災害応急対策に全力で取り組むなどの指示があった。

 

 原子力規制委員会によると、震源に近い東海村や福島県の原子力発電所のプラントに異常はなく、モニタリングポストにも変化はないという。

 

 気象庁は今回の地震について「2011年3月に発生した東日本大震災の余震」だとみて、揺れが強かった地域では、今後1週間程度、最大震度6弱程度の余震に注意するよう呼びかけている。

 

 また28日午後11時15分現在、震度1以上の体に感じる地震は、震度6弱が1回、震度4が1回、震度2が3回、震度1が4回発生している。

あなたにオススメの記事