気象

猛烈な寒波 あす以降も続く 関東北部でも週末にかけて大雪のおそれ

 猛烈な寒気の影響で、北日本ではあす以降も冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に、各地で猛吹雪となる見込みだ。今週末14〜15日にかけては、東日本や西日本にも強い寒気が流れ込み、全国的に底冷えの寒さに見舞われるおそれがあるとして、気象庁が注意を呼びかけている。

 

 北日本の上空には氷点下36度を下回る猛烈な寒気が流れ込んでいて、日本付近はあす以降も強い冬型の気圧配置が続く見込み。このため、北海道や東北、北陸の日本海側を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、猛吹雪となるおそれがある。

 

 12日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、いずれも陸上で北海道20メートル(35メートル)、東北地方18メートル(30メートル)、北陸地方16メートル(30メートル)。

 

 また、北日本と東日本の日本海側では、あさって13日にかけて大雪となることが予想されていて、12日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで北陸地方80センチ、北海道、東北地方で50センチのほか、長野県や関東地方の北部山沿いの地域でも断続的に雪が降る見込み。

 

 上空の強い寒気は、週末15日ごろに掛けて西日本や東日本にも流れ込むと予想されていて、日本海側の広い範囲で大雪への警戒が必要となることから、気象庁は今後も引き続き気象情報に注意するよう呼びかけている。 

 あなたにオススメの記事