震災復興

福島県南相馬市 津波犠牲者を弔う慰霊碑建立

 福島県南相馬市は9日、雫集落センターに津波犠牲者を弔う慰霊碑を建立した。


 慰霊碑は震災の津波で亡くなった人々を弔うためのもの。東日本大震災当時、雫行政区には約150世帯が暮らしていたが、津波に襲われて25名が帰らぬ人となったという。 

 除幕式には、阿部喜良区長をはじめ、遺族や住民が駆けつけると献花と共に手を合わせて故人の冥福を祈った。 

 あなたにオススメの記事