外交

米の大使館盗聴「世界どこでも注意するのは常識」

 英紙ガーディアンが30日、米国安全保障局(NSA)が日本など同盟国の在米大使館を対象に盗聴・傍受を行っていたと報じた件で、菅義偉官房長官は、「世界どこでも、自分のところの大使館内については、常に注意しているというのは常識だと思う」と述べ、米国に限らずどの国でも大使館内は盗聴・傍受される可能性があるとの認識を示した。

 

 菅官房長官は午前の記者会見で、米側に強く真偽を確認すると発言しているが、これについて「すでに米国への問合せはしたか?」と質問を受け、「日本政府としては、大使館内部も含めわが国としてやるべきことはすべてやっている」と日頃から対盗聴・傍受対策は行っているとの認識を示した上で、「報道もありましたから、日本政府の及ばないところについてアメリカに要請している」と述べた。

 

 さらに記者から「日本側での確認の結果は出ているのか?」と質問され、「詳細については、こういう問題については発言しない方がいいだろうと思う」と述べ、盗聴の事実が確認されたか否かについては明言を避けた。

 あなたにオススメの記事