感染症

インフル「ピーク越えか?」それでも患者数199万人 前週から微減

 国立感染症研究所は10日、2月5日までの1週間に国内で報告のあったインフルエンザ患者数は推計で約199万人となり、前週に比べて2万人ほど減少したと発表した。

 

 1月30日〜2月5日までの1週間に、全国5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者の数は、18万9231人。1医療機関あたりでは38.14人となり、前週に比べると1.27人少なくなった。

 

 医療機関あたりの患者数を都道府県別にみると、福岡県が最も多く55.03人、次いで宮崎県(54.02人)、愛知県(51.44人)、高知県(50.60人)、大分県(49.62人)と、軒並み西日本地区が多い。

 

 定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は、約199万人となり、前週の約201万人より減少したが、依然として45の都道府県では警報レベルを超えている。

 

 患者を年齢別にみると、5〜9歳が約36万人、10〜14歳が約30万人、0〜4歳、40代がそれぞれ約20万人、30代が約18万人、70代以上が約17万人となっている。

 

 

■全国の感染症の流行状況は、ハザードラボ「感染症マップ」をご覧ください。

あなたにオススメの記事