軍事

北朝鮮弾道ミサイル発射「首脳会談直後の挑発」官房長官

 北朝鮮は12日午前7時55分ごろ、同国西岸から日本海に向けて弾道ミサイルを発射したと菅義偉官房長官が発表した。ミサイルは約500キロ飛翔し、日本海に落下したもよう。落下地点は日本の排他的経済水域(EEZ)内ではないとみられており、付近を航行する船舶や航空機への被害は報告されていない。

 

 政府は第一報を受けて、官邸の危機管理センターに設置している「北朝鮮情勢に関する官邸対策室」で情報収集を進めるとともに、関係省庁の局長クラスを招集し、対応を協議した。

 

 菅官房長官は会見で「今回の弾道ミサイル発射は安保理決議等への明白な違反であり、断じて容認できない」と強い口調で批判したうえで、日米首脳会談直後のミサイル発射ということで、日米に向けた挑発行為だとして、北京の大使館ルートを通じて、北朝鮮に対して厳重に抗議したことを明らかにした。

 

 あなたにオススメの記事