医療技術

遺伝子検査機モバイル化に成功 細菌やウイルスもその場で検査 10分で判明

 現在、全国で猛威を振るっている鳥インフルエンザをはじめ、ジカウイルスやエボラ出血熱など、新たな感染症の脅威が増すなか、日本板硝子や産業技術総合研究所などのチームは、細菌やウイルスなどの遺伝子を現場で調べられる検査機の小型化に成功した。

 

 細菌やウイルスなどの遺伝子を特定するには、専門施設にある大型の検査装置を使うしか方法がなく、集団感染や食中毒が発生した際の時間のロスが問題になっていた。

 

 研究チームは、小さなプラスチック基盤で目的の細菌やウイルスの遺伝子を高速に増やす産総研の技術と、その遺伝子の量を高感度で測定できる日本板硝子独自の小型蛍光検出技術を組み合わせた、小型遺伝子検査機の開発に成功した。

 

 開発したモバイル検査機は、重さ500グラムの手のひらサイズ。従来は約1時間かかっていた大腸菌の遺伝子検査が、約10分間に短縮。バッテリー駆動も可能で、ある程度の振動にも耐えられるため、移動中の救急車や航空機の中での使用もできる。

 

 研究チームは、医療現場だけでなく、食品衛生、環境汚染調査のほか、空港や港湾で感染症予防の水際対策などで幅広く活用できると期待している。

 

■国内の感染症流行の現状については、ハザードラボ「感染症マップ」をご覧ください。

 あなたにオススメの記事