感染症

足立区の野鳥の死がいから鳥インフル 東京初

 今月3日に東京・足立区で発見された野鳥の死がいから、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと東京都が15日に発表した。東京都内で鳥インフルエンザが確認されたのは今回が初めて。

 

 この鳥は今月3日に足立区で発見された野生のオナガガモで、北海道大学でウイルスの遺伝子検査を行ったところ、高病原性のH5N6亜型ウイルスを確認。

 

 足立区では、死がいが見つかった場所を中心に半径10キロ圏内を野鳥の監視重点区域に指定し、監視体制を強化するとともに、死んだ野鳥を見つけた場合、手を触れずに自治体の保健所や清掃事務所に届け出るよう呼びかけている。

 

 今回、東京都内で初めて鳥インフルエンザの発生が確認されたことについて、小池百合子都知事は「速やかな情報提供や野鳥の監視強化を関係部局に指示した。都民の皆様には、むやみに野鳥に触れないようにするとともに、万が一、糞などに触れた場合は、手洗いやうがいをしっかりするようお願いしたい」とコメントを発表した。

 あなたにオススメの記事