気象
Loading

17日は暖かくなるけれど関東沿岸では強風に注意!春一番か?

 寒冷前線が通過する影響で、17日の関東甲信地方は気温が高まる一方、相模湾から茨城県にかけての沿岸部や伊豆諸島では昼前から強風に注意してほしい。

 

 気象庁によると、サハリン付近の低気圧からのびる寒冷前線が南下して、あす午後に関東甲信地方を通過すると見込まれている。この前線に向かって南から暖かい空気が流れ込むため、関東甲信地方では17日は季節はずれの暖かい一日となる。

 

 しかし、沿岸部や伊豆諸島などでは昼前から海上を中心に南寄りの風が強くなる見込み。17日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東地方の陸上で18メートル(30メートル)、海上と伊豆諸島で20メートル(30メートル)。

 

 これに伴って、茨城県や千葉県の太平洋側や伊豆諸島では4メートル、東京湾では2.5メートルの高波になるおそれがあるとして、気象庁が注意を呼びかけている。

あなたにオススメの記事