トピック

皇太子さま57歳 生前退位の言葉「名古屋駅で聞いた」誕生日の会見

 23日に57歳の誕生日を迎えた皇太子徳仁(なるひと)殿下は、先立って行われた記者会見で、天皇陛下が昨年公表した生前退位のお言葉について「公務を終えた後の名古屋駅で伺いました。とても心を揺さぶられました」と述べられた。

 

 今上天皇は昨年8月8日に象徴天皇としてのあり方についてお考えを公表したが、皇太子殿下が公の場で感想を述べられたのは今回が初めて。

 

 皇太子さまは、「全身全霊を持って象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」と危惧していた天皇陛下のお言葉について、とても心を揺さぶられましたが。私といたしましては、陛下のお考えを真摯に重く受け止めますとともに、今後、私自身が活動していくのにあたって、常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」と決意をにじませた。

 

 天皇陛下が昨年8月に公表された退位の意向については、折に触れて直接聞いていたと説明し、「両陛下の健康をご案じ申し上げつつ、これからはご自身のためにお使いになる時間をもう少しお取りになれるとよろしいと思う」と述べた。

 

 また治療が続く皇太子妃雅子さまについては、着実に快復してきているが、依然として体調に波があるとして、「焦ることなく、慎重に少しずつ活動の幅を広げていって欲しい」と現状を説明。

 

 一時期、学校を長期欠席した愛子さまの体調については、今はふだんどおりの学校生活に戻り、4月からは高校進学を控えていると述べた。

あなたにオススメの記事