生物

小笠原の海底にタンポポそっくりの海藻 国立科学博物館が発見

 ユネスコの世界自然遺産に登録されて6年目を迎える小笠原諸島の海底に、タンポポのような姿の新種の海藻を見つけたと、国立科学博物館などの研究チームが明らかにした。3月24日に高知で始まる日本藻類学会で新種として発表する。

 

 国立科学博物館植物研究部の北山太樹研究主幹は、昨年夏、弟島沖の水深60メートルの海底でタンポポのような姿をした、高さ3〜5センチ前後の海藻を発見。

 

 海藻は濃いオレンジ色の軸のように見える先に、山吹色のふさふさした綿毛状の毛が逆立っている。分類学上は、コンブやワカメなどと同じ褐藻類のうち、髪の毛のような糸状の形をしたケヤリモ目というグループだと考えられるが、日本周辺の海域で、このような形のものは発見されていないという。

 

 神戸大学の協力で遺伝子解析を行ったところ、これまでに知られた海藻類とは異なる新種だということが判明したことから、北山研究主幹らは「ウミタンポポ」と命名し、3月に開かれる日本藻類学会の大会で発表することにした。

 あなたにオススメの記事