環境

東京湾の水質調査に協力できる企業・団体求ム!

 東京湾や流域河川の環境をさまざまな企業や団体で一斉に調べる「東京湾環境一斉調査」が8月に行われるため、海上保安庁などでは参加団体を広く募集している。

 

 この調査は2008年から毎年行われているもので、今年は8月7日(水)に実施。海上保安庁や環境省、首都圏の自治体などで構成された東京湾再生推進会議モニタリング分科会が主催している。

 

 主な調査項目は、東京湾やその流域河川の水温や透明度、酸素量など。東京湾で発生する赤潮や青潮のメカニズムを解明するための基礎データにもなり、昨年は145機関の企業や団体が903地点で調査を行った。

 

 参加にあたっては特に資格などは必要なく広く呼びかけられており、主催者によるとパックテストという水質簡易測定器でも可能とのこと。詳しい調査方法については、海上保安庁のサイトから確認できる。

 

 応募の締め切りは7月22 日(月)まで。

 あなたにオススメの記事