防犯

「お金やるから一緒にどこか行こう」登下校時を狙う不審人物 立川

 東京・立川市で今月10日朝、小学校に登校途中の児童が、見知らぬ若い男から「金をやるから一緒にどこか行こう」などと話しかけられる事件があったとして、警察がこの男の行方を追っている。

 

 警視庁立川警察署によると、立川市富士見町6丁目で10日午前7時50分ごろ、登校途中の女子児童が、近づいてきた若い男から「おはよう」と声をかけられた。児童が挨拶を返すと、男は「お金あげるから、一緒にどっか行こう」と誘って手招いてきたので、恐ろしくなって急いで男のそばから走って逃げたという。

 

 声をかけられた小学生によると、男は年齢が20歳前後と若く、中肉中背、シャツやズボン、靴などはすべて黒く、マスクをしていたという。 

 

 立川市富士見町の界隈では、前日の夕方にも帰宅途中の子供につきまとう不審な男の目撃情報が相次いでいる。同一人物かどうかは不明だが、立川警察署では、登下校時の通学路周辺のパトロールを強化することにしている。



【問合せ先】立川警察署 042-527-0110(内線2612)

あなたにオススメの記事