防犯
Loading

「見るだけでいいですから!」必死の形相で頼み込む下半身露出男 世田谷

 東京・世田谷区で今月11日朝、バイクに乗った若い男が、登校途中の女子学生に道案内を口実に近づき、下半身を露出して見せる公然わいせつ事件が発生した。

 

 警視庁世田谷警察署によると、11日午前7時20分ころ、世田谷区若林4丁目の路上で、通学途中の女子学生がバイクに乗って近づいてきた男から「渋谷の行き方、教えてもらえませんか?」と尋ねられた。

 

 学生が答えようとすると、男はさらに「見るだけでいいですから!」と言って、履いていたグレーのスウェットズボンを上げて下半身を露出。学生が大声をあげてその場を離れると、男はバイクで逃走したという。

 

 犯人の男は、20代前後で痩せていて黒のバイクに乗っていて、服装は黒のパーカーに首元には同じく黒のネックウォーマーをしていて、グレーのスウェットズボンを履いていたという。

 

 現場は、東急世田谷線「松陰神社前駅」周辺の住宅街で、警察が公然わいせつ事件として男の行方を追っている。

 

【問合せ先】世田谷警察署 03-3418-0110(内線2812)

あなたにオススメの記事