防犯

物陰に隠れて無言で下半身露出 府中の黒づくめ男

 きのう(12日)夕方、東京・府中市の住宅街で、物陰に隠れた男が、無言で下半身を露出させているのを、近くを通った小学生が目撃し、警察に通報した。

 

 警視庁府中警察署によると、12日午後4時20分ごろ、府中市本宿町4丁目の路上で、サングラスをかけた男が物陰で男性器を露出させているようすを付近を通った子供が目撃した。

 

 

 男は、年齢30〜40歳くらいで、身長は170センチ前後、痩せていて、サングラスをかけており、身につけているものは野球帽からフード付きジャンパー、ズボンまですべて黒だったという。

 

 現場は、JR南武線「西府駅」から5〜600メートルほど離れた住宅街で、公園や小学校にも近いことから、警察がパトロールを強化するとともに、公然わいせつ事件として男の行方を追っている。

 

 

【問合せ先】府中警察署 042-360-0110(内線2832)

あなたにオススメの記事