感染症
Loading

中国からの渡航者が持ち込んだ鳥肉からインフルエンザ

 中国からの渡航者が日本に持ち込もうとして空港で没収された鶏やアヒルの生肉から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことを、菅義偉官房長官が13日午後の会見で明らかにした。

 

 昨年秋以降、世界各地で鳥インフルエンザウイルスが猛威を振るっており、なかでも中国や韓国、ベトナムでは昨年秋以降、生きた家禽市場や養鶏場を中心に、相次いで感染が報告されている。

 

 こうしたなか、菅官房長官は13日午後の会見で、中国からの渡航者が、日本に持ち込もうとして空港で没収された鶏肉などから、鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことを明らかにした。

 

 海外から輸入される肉類は、検査証明書がなければ、日本国内へ持ち込むことが認められておらず、鳥インフルエンザが発生した国の食肉は、国際獣疫事務局を通じて各国への輸出入が停止される措置を取っている。

 

 個人の渡航者が携行品として飛行機で持ち込む場合も同じ法律が適用されるが、訪日外国人旅行者の増加に伴って、病原体の侵入リスクが高くなっているのも事実だ。

 

 菅官房長官は会見で「動物検疫所の職員を増強して水際対策を強化するとともに、海外の航空各社や外国政府と協力して、入国者に対する畜産物持ち込み規制に関する情報を周知徹底するよう全力で取り組んでいく」考えを示した。

あなたにオススメの記事