リコール

「自民党のTBS取材拒否は当然」官房長官

 自民党がTBSの番組について「公正さを欠く」として当面、同社の取材や出演依頼を拒否したことについて、菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で、通常国会最終局面で、重要法案を廃案にしたすべての責任が与党側にあるとの主旨の報道をされたのに対し、訂正を求めるのは「ある意味当然だと思う」と述べ、取材拒否の判断が妥当との考え方を示した。

 

 同会見で菅官房長官は、「たぶんそれぞれの政党がしのぎを削る戦いをしている最中ですから、そういう中で、こういう事っていうのは必要だとわたしは思う」とも述べ、選挙期間中に不公平な内容の報道をされた場合には、取材拒否などの強い姿勢に出ることも必要だとの認識を示している。

 

 さらに「電気事業法改正法案などを政府として、最重要の法案として成立させたかった」と改めて政府は全力で法案成立に当たっていたとの姿勢を強調したのに対し、記者から「法案を絶対成立させたいなら安倍首相の問責決議案が出される前に、可決するという方法もあったのではないか」と質問されたが、「国会の取り決めの中で行なっていること」と述べ、政府・与党が「廃案織り込み済み」で会期末に臨んだとの疑念を否定した。

 あなたにオススメの記事