リコール

米国ブランドの電動ドリルが逆回転!想定外の反動でケガのおそれ リコールへ

 米国ブランド「ブラック・アンド・デッカー」の電動ドリルドライバーセットの一部製品で、回転方向が逆に作動する不具合が見つかったとして、メーカーが236台のリコール(無償点検・修理)を発表した。

 

 リコールの対象となるのは、ポップリベット・ファスナー社が米国から輸入し、2016年12月から今月にかけて全国のホームセンターやオンラインショップで販売したコード式電動ドリルドライバーセット計236台。

 

 2016年に作られた製品の一部で回転方向が逆に作動する不具合が見つかり、別売りの丸ノコヘッドなどと組み合わせて使うと、反動でケガをするおそれがあるという。同社は、専用窓口まで連絡のうえ、回収係に送付するよう呼びかけている。

 

 ブラック・アンド・デッカー社は、D.I.Y.先進国の米国で生まれ、1970年代にアポロ15号が月面着陸した際には、NASAが特注したコードレスドリルで、月の石のサンプルを掘削した歴史がある。

 

【この件に関する問い合わせ先】

ブラック・アンド・デッカー ドリルドライバー回収窓口

フリーダイヤル:0120-577-194

受付時間:平日午前9時半〜午後5時

 あなたにオススメの記事