生活情報

「コエンザイムQ10」に加齢臭を抑える効果 世界初の発見 資生堂

 ニンニクやタバコなどの匂いと違って、自分ではなかなか気づきにくい加齢臭について、資生堂は、健康食品や化粧品などに含まれている「コエンザイムQ10」に、加齢臭を抑える効果があることを世界で初めて発見した。

 

 コエンザイムQ10は、ヒトの体内の細胞にあるミトコンドリアがエネルギーを作るときに欠かせない成分。高い抗酸化作用があるとして、老化防止や疲労回復効果が期待されるサプリメントなどに使われることが多い。

 

 資生堂の研究チームは、65歳から74歳の女性を6人ずつのグループに分けて、酸化型コエンザイムQ10と還元型コエンザイムQ10をそれぞれ100mg含むカプセルを毎日摂取してもらう実験を実施。

 

 その結果、実験開始から4週間後に無香料の石鹸で洗った手を袋に20分間入れて、体内から放出される加齢臭を測定したところ、コエンザイムQ10を飲まなかったグループでは加齢臭の濃度が増えていたが、飲んだグループでは2〜3割近く減少していたという。

 

 研究チームは「体を洗うだけでは防ぎきれない加齢臭の発生を、コエンザイムQ10を摂取することで体の内側から抑制できることがわかった」として、今回の発見をもとに新たな商品開発に役立てていくと話している。

あなたにオススメの記事