リコール

ローソンの「からあげクン」ビニール片混入のおそれ 約2万食を撤去

 コンビニ大手ローソンは7日、大阪府高槻市の冷凍食品工場で作られた鶏肉の唐揚げ商品の一部から、製造工程で混入したビニール片が見つかったとして、西日本の2府17県で販売した約2万食を店頭から撤去したと発表した。

 

 ビニール片の混入が見つかったのは、ローソンが3月26日〜今月6日にかけて、大阪府や京都府など2府17県の4201店舗で販売した「からあげクン 北海道チーズ味」1万9656食。

 

 ローソンによると、ニチレイフーズ関西工場が2月10日に製造した商品で、乾燥を防ぐためにかぶせていたビニールシートを撤去せずに、そのまま肉と一緒に成型機に投入したことが工場内を撮影したビデオの解析で明らかになった。

 

 店頭出荷分を撤去するとともに、今後はビニールシートの色をこれまでの黄色から、わかりやすい赤に変更するなどの再発防止策を徹底していくという。

あなたにオススメの記事