宇宙

19日は夜空を見よう!直径650メートルの小惑星が大接近 彗星も来る!

 あす19日、直径650メートルほどの比較的大きな小惑星が地球に接近する。米航空宇宙局(NASA)によると、小惑星は地球まで180万キロメートルほど接近する見通しだが、衝突の危険性はないという。

 

 「2014  JO25」と呼ばれるこの小惑星は、地球周辺に位置する小惑星を追跡する米航空宇宙局(NASA)の研究チームが2014年5月、アリゾナ大学と共同で発見したもの。

 

 直径は650メートルほどと比較的大きく、最接近時の距離は、地球から月までの約4.6倍だというから、このサイズの天体にしては非常に近い。

 

 米国時間19日に、太陽の方向から地球に接近する際に、地表が太陽光を反射して明るく光るので、19日以降、2日ほどは小型の望遠鏡でも十分観測できると期待されている。

 

 また、同じく19日にはパンスターズ彗星(C/2015 ER61)も、地球から約1億7500万キロの距離を通過する見通しで、こちらも望遠鏡や双眼鏡で夜明け前に観測できるという。

 

 地球周辺では1週間に数回のペースで小惑星の通過が見られるが、今回ほど大きな天体の接近は2004年9月の「トータティス(Toutatis)」以来、13年ぶり。次にこのサイズの小惑星が接近するのは、2027年に月とほぼ同じ距離まで近づく「1999 AN10」だ。

あなたにオススメの記事