トピック
Loading

技能五輪 韓国優勝 日本は惜敗4位

 ドイツ・ライプチヒで開かれていた若者の職業技能を競う「第42回技能五輪国際大会」は、金メダル獲得数で韓国が1位、日本は惜しくも4位の成績となった。

 

 技能五輪は、職業訓練の振興や技能水準の向上を図るとともに、青年技能労働者(満22歳以下)の国際交流と親善を目的に開かれるもので、自動車板金から石工、ビューティーセラピー、洋菓子製造と幅広い職種で、その技能が競われる。

 

 今回は今月2日から7日の日程でドイツで開かれたが、競技種目は46職種、新しく「プラスティック金型」が加わった。

 

 日本は40種目45人の選手団で臨み、「情報ネットワーク施工」、「自動車板金」、「電工」、「ITネットワークシステム管理」、「プラスティック金型」の5職種で金メダルを獲得したが、優勝候補最有力と目されていた「印刷」などでメダルに手が届かず、獲得メダル数では金メダル5個、銀メダル4個、銅メダル3個、敢闘賞18個で、金メダル獲得数の国・地域別順位は4位に甘んじた。

 

 優勝した韓国は金メダル12個獲得、4大会連続の総合優勝で、韓国紙「中央日報」は、「やはり技術大国の韓国。4連覇も達成し、技術大国の地位を改めて確認した」などと報じている。

 

 ちなみに韓国は技能五輪のための訓練施設などもあり、スポーツの五輪と同じように国を挙げて技能五輪に力を入れている。

 

 金メダル獲得数の国・地域別順位(4位まで)は以下のとおり。

 

1位 韓国  12個

2位 スイス 9個

3位 台湾    6個

4位 日本/オーストリア 5個

 あなたにオススメの記事